デジタコとはデジタルタコグラフのことであり、一定の要件を満たした事業用トラックに装着が義務化されています。以前は総重量が8トン以上、もしくは最大積載量5トンの事業用トラックに装着が義務付けられていました。平成26年12月1日からは総重量7トン、最大積載量が4トンの事業用トラックにも装着が義務化されています。最近では7トン以上8トン未満のトラックによる死亡事故や重症・軽症事故の発生率が横ばいとなっており、安全確保のためデジタコ装着の義務化が図られるようになりました。

現在ではインターネットが広く普及し、多くの消費者が時間を問わず買い物をするようになっています。通販サイトには随時注文が入り、運送業界では商品を配送するため常に稼働している必要があります。運送業界はドライバーの過大な負担や慢性的に人手不足に悩んでおり、連続して勤務することも珍しくはありません。事故を防ぐためには効率的な運行管理が必要になるため、デジタコ装着の義務化が進められています。

デジタコにはシンプルな機能だけを備えた単機能型の他に、標準型や多機能型が存在します。単機能型は価格が安く法定3要素である速度と距離、時間を記録したり簡単な運行管理を行うことができます。標準型はドライブレコーダーと連携したり、各種帳簿を低コストで作成することが可能です。ハイグレードな多機能型は様々なオプションを任意に選ぶことができます。

ドライバーのアルコールチェックや燃費の管理など、徹底した安全対策や運行管理を行いたい場合に最適です。デジタコの義務化のことならこちら