最近はタクシー業界や運送業界で、デジタルタコグラフを設置するかどうかということがよく話題になっているというのは、ご存知でしょうか。従来であれば、大型のトラックだけが設置すれば良かったタコグラフですが、年々増え続ける事故などを抑制するために国土交通省が中型以上のトラックにも設置を義務付けるようになったというデジタコ義務化が決定したためです。どのような決定が事故を防ぐことはできるようになっても、タクシー業界や運送業界を運営している企業を、運営者にとっては新しく導入しなければいけないその資金を捻出するのが大変になってしまう、という傾向があるでしょう。しかしながらある意味それは最新式のタコグラフを導入するための良いきっかけになる、という考え方もできないことはないということが言えるかもしれません。

デジタコ義務化について従来は紙に記録されていく、アナログタイプのタコグラフしかありませんでしたが今ではパソコン上で取り扱えるデータとして保存されていく、デジタルタイプのタコグラフも登場してきているため、です。こうしたデジタルタイプであれば、いちいち読み取るために経験や知識などを必要とするということもありませんし、日誌などに書き写すなどといった手間もいちいちかからずに済むといった点でも大きなメリットがあるのです。デジタコ義務化で結果的に人一人ぶんの役割を果たすとも言われるようになってきているということは、踏まえてしっかりと導入を検討していくように心がけましょう。