デジタコの正式名称はデジタルタコグラフであり、車両の走行記録をデータ化する装置です。走行距離や速度、時間などを記録して安全対策に利用する装置で一定の要件を満たす車両に装着が義務化されています。デジタコの導入が義務化された目的は、道路の安全を確保することにあります。最近では、7トン以上8トン未満のトラックの死亡事故や重症・軽症事故の発生率が横ばいになっています。

日本政府は事業用貨物自動車の安全対策と運行管理を徹底するため、デジタコの装着を義務化しました。ドライバーの時間外勤務や長時間拘束が社会的な問題となっており、対策としてデジタコ導入の義務化が進んでいます。以前から総重量が8トン以上もしくは積載量が5トン以上のトラックは装着が義務とされていました。平成26年12月1日からは総重量7トン、最大積載量が4トンの事業用トラックも装着が義務付けられています。

インターネットが普及し、消費者は通販サイトを使って時間に関わらず商品を注文できるようになりました。24時いつでも通販サイトには注文があり、対応するため運送業界も常時稼働しなければなりません。運送業界は重労働なだけでなく人手不足を解消するため、ドライバーが連続して勤務せざるを得ない状況になっています。ドライバーに大きな負担がかかる状況が続けば事故を起こす可能性も高まるため、デジタルタコグラフによる安全対策と運行管理が重要とされます。

今後も日本政府は義務化の基準をより厳格なものにする可能性があるので、事業用貨物自動車には早期にデジタコ導入しておくとよいでしょう。デジタコの義務化のことならこちら