日本国内では総重量が7トン以上か、最大積載量が4トン以上の事業用トラックへのデジタコの装着が義務化されています。以前は総重量が8トン以上か最大積載量が5トン以上の車両が義務化の対象でしたが、平成26年12月1日から対象が拡大されました。近年デジタコ装着の義務化が進められている背景には、事業用トラックによる死亡事故や重症・軽症事故の発生率が横ばいであるという事情があります。インターネットが普及して通信販売の市場が拡大したため、運送業界も常時稼働しなければなりません。

運送業は重労働なだけでなく慢性的な人手不足の状態であり、ドライバーの時間外勤務や長時間拘束が問題となっています。ドライバーの負担が重くなると事故を起こす可能性が高くなるので、デジタコの装着が義務化され安全対策と運行管理の徹底が図られるようになりました。デジタコはデジタルタコグラフを省略したもので大きく単機能型と標準型、多機能型の3種類に分類できます。法定3要素である速度や時間、距離を記録して簡単な運行管理を行いたいのであれば安価な単機能型を選ぶとよいでしょう。

標準型以上になると30万円以上の費用が必要ですが、単機能型ならば5万円台から購入できます。ドライブレコーダーと連携したり、各種帳簿を作成したい場合には標準型がおすすめです。ドライバーのアルコールチェックや速度超過のアラーム通知、燃費の管理など様々な機能を求めるのであれば多機能型を選ぶとよいでしょう。