デジタコはデジタルタコグラフを略したものであり、総重量が7トン以上か最大積載量が4トンの事業用トラックの装着が義務化されています。インターネットの普及により、24時間常に通販サイトを使って消費者が買い物をするようになりました。通販サイトには多くの注文があり、対応するため運送業界も24時間常に稼働しなければなりません。運送業界は慢性的な人手不足でドライバーの負担が大きく、事故のリスクを軽減する必要があります。

デジタコを導入すれば適切な安全対策と運行管理によってドライバーの負担を軽減し、事故を未然に防ぐことができます。以前は総重量が8トン以上か最大積載量が5トンの車両だけ装着が義務化されていましたが、平成26年12月1日に義務化の対象範囲が広くなりました。デジタコは機能性の違いによって単機能型と標準型、多機能型に分類できます。目的に応じて必要な機能を備えたデジタコを導入することが大切です。

単機能型は価格が安く法定3要素と呼ばれる速度と距離、時間を記録する機能や簡単な運行管理機能を備えています。他のタイプを導入するには30万円以上の費用が必要ですが、単機能型ならば5万円台で購入できるものもあります。標準型は法定3要素を記録するだけでなく、ドライブレコーダーと連携したり各種帳簿を作成する機能などがあります。多機能型はさらに燃費管理や速度超過のアラーム通知、ドライバーのアルコールチェック機能などを備えています。

より徹底した安全対策と運行管理を行いのであれば、多機能型のデジタコを導入するとよいでしょう。