デジタコの正式名称はデジタルタコグラフで、車両の総重量が7トン以上か最大積載量が4トンの事業用貨物車両に搭載が義務化されています。以前は総重量が8トン以上か最大積載量が5トンの車両だけが搭載しなければなりませんでしたが、平成26年12月1日に義務化の対象が拡大されました。近年ではインターネットが普及して通販で商品を購入するケースが増えたため、運送業界の負担も増大しています。ドライバーの時間外勤務や長時間拘束が問題となっており、安全対策や運行管理を徹底して行わなければなりません。

24時間常に稼働している運送業界では、重労働や人手不足を補填するためドライバーが連続勤務を行っています。ドライバーに過大な負担がかかる状況が続くと事故を起こす危険性が高まります。デジタコの導入を義務化し適切な安全対策と運行管理を行えば、ドライバーの負担を軽減して事故を未然に防ぐことができます。速度と距離、時間は法定3要素と呼ばれておりこれらを記録する運行記録計はタコグラフと呼ばれます。

デジタコは紙のチャートではなくデジタルに情報を記録するタイプで、国が定める基準を満たした認可品です。チャートに記録するアナログタコグラフとは異なり、保存したデータで各種帳簿を作成するなど様々な形で活用できます。これまで国は、事業用貨物車両による事故を防ぐためデジタコ導入の義務化を促進してきました。今後もさらに安全性を高め事故を減らすため、義務化の対象が拡大されるものと予想されています。