現代はネット通販が流通の主流となりつつあります。今世界は新型コロナウイルス感染の脅威にさらされており、そのことで自由に外出できず行動が制限され、買い物をネット通販やオンラインで行うことが多くなっているのです。これは日本も例外ではなく、多くの人がネットスーパーやネット通販を使い、日常生活を送るようになっています。これに伴って配送や運送業は多忙を極めるようになっています。

ドライバー不足はもちろんの事、ネット通販の氾濫によってドライバーの需要が非常に高まり配送業は多忙を極めるようになってるのです。長時間労働、長距離走行などが問題になり、添えに伴って交通事故など甚大な事故も報道されています。そのため配送業は運転手の安全配慮を徹底し、安全管理指導や勤怠管理をより徹底しなければいけなくなっているのです。そこでデジタコをクラウド化することが注目されています。

オンライン上で運転データなどを集積し、管理者やドライバー本人がIDを入力して瞬時に閲覧することが出来れば、効率よく勤怠や運転状況、走行距離、走行状況を把握できるようになります。デジタコのクラウド化は、データの見える化だけでなく情報共有や、管理者の安全配慮義務も徹底できるようになり喜ばれています。デジタコのクラウド化では運転手の労働者側にメリットがあります。運転日報などデータの事実を元にきちんと迅速に記入できるようになり、事務作業と言った煩雑なものを簡単に行えるようになります。

また運転評価の公平性も保てるのが良い点と言えます。クラウドやデジタコのことならこちら