クラウドベースのデジタコでは、それまで必要だった面倒な業務や準備を排除できるメリットが存在します。ネットワークを介してデータの送受信が可能となったデジタコでは、それまでは不可能であると考えられていたリアルタイムでのデータの保存が可能だからです。この影響で、事業者だけではなくトラックドライバーの業務上の負担を大きく軽減させられるようになりました。高性能な製品には、GPS機能が備えられているので位置情報を確認することで、現状のドライバーの作業やそのデータの収集が容易となっています。

昔のタコグラフはアナログタイプのモノであったため、チャート紙を利用しなくてはいけませんでした。しかし、クラウドのデジタコの場合は不必要な分析が無くなりましたので、小さな記録媒体を利用することで保存できるようにもなり、実用性の観点からもとても使いやすい状態になっています。第一に、トラックドライバーの交通事故などのトラブルの可能性を軽減できる利点が生まれました。デジタコの大きな役割の1つに、運転時のリスクを排除することが挙げられます。

より安全に運転ができるようになれば、万が一のトラブルが発生したときであっても、そのドライバーが責任を負わないようにすることも可能です。デジタコには、リアルタイムの交通状況を詳細に保存した情報が含まれていますので、ドライバーに過失が存在しないということを容易に証明できるからです。現実的なデータでも、急ブレーキや急発進といった普通ならばわからないデータもクラウドで保存できるので、緊急時に安全に運転をしていたかどうかを証明でき、社会的な信用性も確保できるようになります。