運送業を行っている全国の会社では、所有するトラックにはクラウド型のデジタコを搭載している会社が増加しています。装備としては義務化されている範囲になりますが、助成金を使う方法もあり、資金面で苦労する運送会社でも導入をすると沢山のメリットを感じることはできます。クラウド型のデジタコの場合は、GPS機能により運送中の各ドライバーの状態をいつでも事務所で確認することができます。どのルートを走行しているのか、時速何キロで走行しているのか、連続運転時間も簡単に表示させることができるので、無理な運転をしているドライバーに対してはリアルタイムで指示を出すことが可能になります。

運送会社の場合は急ぎで積み荷を届けることが必要になることはありますが、法律を破って走行をしている場合は、交通事故の問題が浮上してしまうので、無理な指示を行うことはできません。それでもドライバーは荷主を優先させて無理な運転をしてしまうことはありますが、その結果として事故を起こしてしまっては全てを失ってしまいます。ゆとりのある働かせ方を優先させ、事故を起こさずに健全な運送会社を経営するには、多機能なクラウド型のデジタコは貨車に貢献できます。事故が無く、ドライバーの安全性も担保する会社であれば、荷主となる法人が増えることも期待することができ、完全にホワイト会社として経営する意義は会社の発展にも寄与します。

ドライバーと積み荷の安全性を確実に高めるには、クラウド型のデジタコの導入は抜群の効果を発揮させられます。