デジタルタコグラフは、自動車を運転するときに速度や走行時間を記録してくれる機能です。昔は、チャート紙を使ったアナログ式の方法が主流だったのですが、現代ではデジタル技術を用いたデジタルタコグラフが利用されています。元々、タコグラフは労働時間を超過する傾向があるトラックの運転手を保護するために導入されるものです。トラックの走行は、日本全国に至ることがありますので労働時間内で仕事を終わらせることが現実的にできないケースも多いです。

しかも、事業者にとってはドバイバーが現状でどの地域で運転をしているのかが把握しづらいので、超過労働を行わせてしまって会社全体の社会的な評価が落ちてしまうこともありました。そこで考えられたのが、デジタルタコグラフと呼ばれる現代の主流となっている製品です。この製品は、それまでは不可能だった位置情報の特定をデジタル技術を使って実現できます。これは、内蔵されている機器を使ってGPSから情報を特定することができるからです。

会社側は、現状のトラックの位置を把握できますので、計画的に労働を行うように簡単に指導ができますし、表向きも労働時間を超過するような会社ではないということをきちんとアピールできます。また、デジタコが魅力的なのは業務上の管理も非常に楽であるという点です。専用のアプリを利用すれば、容易に認証を行うことができますしデータのバックアップもできます。無駄にコストを投じずに済むようになりますので、とても楽に労働状況を管理できるようになります。

デジタルタコグラフのことならこちら