デジタルタコグラフにはクラウド型のものがあります。記録したデータをパソコンなどの端末から確認することが出来るというのが、このタイプのタコグラフの便利なところです。しかしどこからでもパソコンを利用して確認することができるとなると、セキュリティが心配だと思われることもあるかも知れません。もちろんクラウド型のデジタルタコグラフに集めた情報は、誰でも簡単に見ることができるというわけではありません。

IDやパスワードを設定して使用することになるので、基本的に社内でもそれらを知っている人のみが見ることが出来るようになるというわけです。技術の進歩により、デジタルタコグラフは今では多くの機能を持つ様々なタイプのものが登場しています。最新型のデジタルタコグラフの中には、運転する人が本人の免許証をかざすだけで手軽にドライバーの確認を済ませることが出来るものもあるようです。またテンキーが付いていてこれを利用して色々な入力をすることができるタイプの製品もあります。

車両によってはデジタルタコグラフと別にドライブレコーダーも搭載していることもあるでしょう。そのような場合には、1台でどちらの機能も持っているタイプの製品を選ぶと良いかも知れません。斜線をはみ出した時や、車間距離が近すぎると警告する機能がついているタイプなどもあります。トラブルや事故を予防し、いざというときには記録した情報が役に立つ可能性があるというメリットの多い製品です。