自動車には様々な機能が搭載されていますが、最近はドラレコを導入する人も増えてきました。名前は聞いたことがあるものの、具体的にはどんな特徴があるのか、どのような機能を持っているのかを知らないという人もいるのではないでしょうか。ドラレコとは、ドライブレコーダーを略した言葉です。ドラレコとはどんな機器なのかということになりますが、これは運転しているときの映像や音声を記録するものです。

色々なタイプがありますが、カメラとレコーダーで構成されています。一体型もあれば、セパレートタイプ、ルームミラーになったものも販売されています。ドラレコとは、どんな場面で役立つ機器なのかも知っておきたいところですが、ニュースなどで話題となっている「あおり運転」や交通事故などの様子を記録するのに役立ちます。もともとは安全運転教育の活用をもとに運送業者を中心に搭載していたものです。

ドライブレコーダーの仕組みも知っておきたいところですが、事故や急ブレーキをセンサーが感知したときに映像を記憶します。導入するメリットを知っておきたいところですが、まず事故が発生したときに事故現場を録画できるので、解決がスムーズになる効果が期待できます。そして、いつでも録画できるということもあり、安全運転への意識が高まる効果もあります。一般の乗用車には設置の義務はありませんが、自衛手段としても効果的ですので、まだ設置していないという人も導入を考えてみてはいかがでしょうか。