コストパフォーマンスの優れたドラレコとは、価格がリーズナブルで必要な機能を備えたもののことです。ドラレコとは事故が起きた場合の証拠映像を残す装置ですが、悪質なドライバーに対する抑止力としての役割も担っています。鮮明な証拠映像を残すことができるだけでなく、用途に応じて必要な機能を備えているかどうかを検討して購入することが大切です。横方向の撮影範囲である水平画角が広いほど広範囲な映像を記録できるので、100度以上のものが1つの目安になります。

ドラレコとは事故の証拠映像を残すだけでなく、他の悪質なドライバーから乗員を守る重要な役割を担う装置です。確実な証拠映像を残す性能を備えていることが抑止力としての役割を果たすために重要なので、フルHDで200万画素以上あるものを選ぶとよいでしょう。信号や事故相手の車両のナンバーなど周囲の状況を鮮明に撮影できるため、警察に証拠として提出すればスムーズに捜査が進みます。画像を補正する機能を備えたタイプならば、トンネルの出入り口や夕日が当たる場所などでも映像が白くなるのを防げます。

夜間に自動車を運転することが多い場合には、暗い場所でも少ない光を拾って鮮明な映像を残せるタイプがおすすめです。駐車場などで当て逃げやいたずらの証拠映像を撮影したいには、監視機能を備えたものを選ぶとよいでしょう。コストパフォーマンスのよいドラレコを選ぶためには、前もって用途と必要な機能について十分に検討する必要があります。