ドラレコとは、ドライブレコーダーの略称で、急停止などをきっかけに車両に大きな衝撃が生じたときにその前後数十秒間の車両の前方の映像や音声を記録することができる車載機器のことです。なお、もともとドラレコとは航空機のフライトデータをヒントに開発され、2005年ころから全国的に一気に普及しました。そんなドラレコで記録できる内容の詳細は搭載する機器によって異なりますが、一般的には時刻や位置、加速度などが記録でき、ドラレコで記録した映像を見直すことでドライバーがどのような運転操作をしたかをあとから見直せるようになります。特に交通事故発生時に映像を記録できるので、その映像を警察や保険会社に提出することで事故処理がスムーズに運ぶ場合がある点がその設置の最大のメリットです。

また、記録された映像を見ることで自分の運転技術を冷静に観察できるところも魅力です。さらに、「安全運転支援機能」などの付加機能を備えているものもあり、運転の負担を軽減してくれるものまであります。そんなドラレコとは主にカメラと記録を担う本体から構成されています。形はカメラと本体が一体化している「カメラ一体型」が主流です。

ただ、両者が別々になっている分離型も探せば販売されています。車載への取り付け方も機種によって大きく異なり、フロントガラスに吸盤で取り付けるタイプや、カメラのみをダッシュボードに固定するタイプ、ルームミラーに取り付けるタイプなどさまざまなものがあるので、用途に応じて好みのものを選ぶことが可能です。