勤怠管理の方法として広く用いられてきたのがタイムレコーダーですが、使用している過程で現場では様々な問題に直面してきました。集計に人件費がかかるのが最大の問題として捉えられているのが現状であり、記録された出社や退社の記録をパソコンに手入力して出勤記録を作るのに苦労していることがよくあります。その際に人的なミスが起こってしまうリスクもあるため、一人で作業するのではなく複数人で入力とチェックの作業を繰り返している現場もあるでしょう。このコストを削減するためにはタイムレコーダー側の機能を重視しなければなりません。

自動集計が可能なものを選んで導入するのが最も良いでしょう。既に手入力で集計する仕様のものを導入してあるという場合にも、入れ替えてしまうだけで業務効率が大幅に向上します。人件費の削減につながるので、長期的に見ればコスト面でもメリットがある対策です。単価も安いことが多いので短期的に利益を見込める可能性もあります。

自動集計機能付きのタイムレコーダーを選ぶときには勤怠管理のあり方があまり変わらないように気をつけるのが賢明です。出社や退社のときに行う手続きが変わらないようにしたり、出勤データの出力形式が今まで集計に使用していたソフトウェアで扱えるようにしたりするのは基本になります。このような点を考慮した上で新しいタイムレコーダーを導入するのが現場の動揺を生むことがなく、自然な形で業務を効率化することにつながるでしょう。