従業員の管理をするために必要なタイムカードですが、タイムカードのみでは印刷はできないため、タイムレコーダーが必要です。タイムレコーダーで印刷したタイムカードは労働基準法で保管期間が明確に定めれらており、3年間、保存する必要があります。従業員が退職などをした場合でもタイムカードの保存期間は3年間になっているため、退職しても処分することはできません。タイムカードは手書きでも良いのですが、大勢の従業員の勤務時間を手書きで行うことは非常に大変なことなので、多くの企業が手書きではなく、タイムレコーダーを導入しています。

基本的な機能のみで良いなら安いタイムレコーダーで良いのですが、少しでも作業効率を上げることを考えている企業は高性能なタイムレコーダーを導入する傾向があります。高性能になると初期設定も複雑になりますが、説明書を読むと非常に簡単に初期設定を行うことが可能です。一度初期設定を完了させると二度と設定をする必要がありませんが、給料計算を自動で行う場合には給料が変更になった場合には再度設定をする必要があります。しかし、実際には給料計算は事務員の仕事になっているために多くの企業は安い機器を使用しています。

機器の金額によって壊れやすいなど壊れにくいと言ったことはないために、どんな機能が付いているかで決めると良いでしょう。また、新品の場合には保証期間があるために中古よりも新品の製品を購入すると万が一の初期不要にもメーカー側が速やかに対応します。