タイムレコーダーは従業員の作業時間を正確に管理するためには欠かすことができない機器として多くの企業に使われています。一般的にはタイムカードをタイムレコーダーに投入することによって出勤時間と退社時間が自動的に印刷されるタイプの物が使われています。タイムレコーダーには時計が備え付けられていますが、備えづけられている時計が正確な時間に設定されていないと誤った時刻を印刷することになるため、定期的に時刻の確認が必要です。タイムカードに印刷された勤務時間を元にして会社側が従業員の給料計算をしますが、高機能タイムレコーダーになると給料計算も自動的に行ってくれます。

これによって、事務員の仕事を大幅に削減することができ、給料計算のミスも無くすことができます。タイムレコーダーは各企業に一つが一般的でタイムカードを投入するのは従業員本人が行う必要があります。他の従業員が代わりにタイムカードを投入すると不正をすることが可能なため、多くの企業では代理でタイムカードを投入することを固く禁止しています。毎日のことなので投入することを忘れる従業員もいますが、その場合には事務員が手書きで記載する企業がほとんどになっています。

しかし、忘れたからと言って従業員自らが手書きで記載することを認めない企業がほとんどです。これは、全てが従業員の不正を無くすことを目的として行われています。高機能になると残業代も自動計算する機能が完備されています。