タイムレコーダーは、従業員の勤怠管理に活用される機器で、例えば入口にそれを設置しておき従業員が出社・退社時にカードを打刻する形で使います。はっきりと物理的に打刻されるため、勤怠の実態を把握することもでき、最近はパソコンに繋げることで勤務時間をデータ化することも可能です。職場に欠かすことができないタイムレコーダーの選び方としては、まずその機能面を重視して選択するケースがあります。編集や計算自体を行いやすいタイプだったり、パソコンにデータとして取り込める機能を有していることです。

よくありがちなのは、変則勤務の調整や打刻のし忘れ等などがあり、それについても対応しやすい機能を有している場合もあります。従って多機能化されていますので、その多機能タイプのタイムレコーダーは職場でも人気です。一方、製造メーカーから選択する方法が存在し、従来まで活用してきたメーカーのタイムレコーダーを選択すると使い方の基本は一緒なので、スムーズに導入することができます。もちろんかける予算も必要となり、大体相場が2万円~10万円台まで様々とあります。

他にも打刻するためのカードを揃える必要があり、ランニングコストがある程度かかるということを注意する必要もあります。購入する店舗としては、ホームセンターから事務用品を扱う店舗がありますが、最近はネット通販でも様々なタイムレコーダーが扱われています。検討する上ではネットをフル活用し、ネット通販による購入が優れています。