タイムレコーダーは、文字通り時間を記録する機械で、単純ながらも用途に合う存在だといえます。例えば、出退勤の打刻用途において、タイムレコーダーは右に出るものがない程普及しています。また、シンプルな構造故に信頼性がありますから、実績を合わせた信頼が信用に結び付いていると考えられます。タイムレコーダーの構造は、時刻を表示する時計と、出退勤を操作するボタン、それにカードの挿入口で構成されているのが特徴です。

内部にはプリンターが内蔵されていて、打刻時に動作するようになっています。現在の印刷機構は、ドットインパクトタイプが主流なので、的確な位置に無駄なく打刻することが可能です。一方、使用するカードはタイムレコーダー専用の物が一般的で、挿入方向を間違えることなく、そして綺麗に印字することが出来ます。構造上、意図的に想定外の操作を行わなければ、時刻は手間なく正確に記録されます。

低コストで高効率ですし、有効性は実証済みですから、普及したのはある意味で必然だといえるでしょう。現在のタイムレコーダーは、ペーパーレスやIT化が進み、クラウドとスマートフォン端末が使われ始めています。従来の本体は、クラウド上で動作するソフトウェアに置き換わり、タイムカードはスマートフォンのアプリで代用出来ます。導入コストは更に下がり、しかもデータ管理の効率がアップしますから、このような流れになるのは自然です。

時刻の正確な記録は、企業経営や健康的な職場実現の基本なので、低コストかつ正確に記録出来る信用のあるシステムを導入することが大切です。