会社や店舗で従業員の勤務状況を管理するために必要となってくるのがタイムレコーダーです。従業員が会社などに出勤した時刻や退勤した時刻を記録することができるものです。いつ誰がという情報とともに時刻を記録するということになり、その内容を管理するということが必要になります。勤務状況は給与に関わってくることになり、社員では残業などを計算する根拠にもなりますし、パートタイマーやアルバイトといった時給者も勤務した時間を記録しなければなりません。

タイムレコーダーはこれまで紙のカードを挿入してそこに印字されて時刻を記録するという方法でしたが、最近はバーコードやICカードなどを読み取ることで時刻を記録するという方法があります。バーコードやICカードなどを利用することで本人の情報と一緒にデータとして記録することができるようになります。やはりタイムレコーダーに必要になってくる機能として打刻した時刻だけでなく何時間働いたか計算する機能があるととても効率的に行うことができます。またタイムレコーダーの機能をパソコンやスマートフォン、タブレットなどに持たせることができるため、より実際の勤務に即した時間を捉えることができるようになるということと、スマートフォンやタブレットを使用することで営業職など出先からでも勤務状況を報告することができるようになります。

このように最近のタイムレコーダーはとても機能的になり効率的に時間計算を行うことができるようになっているのです。