従業員の労働時間を正確に記録しておくことは、組織を運営する上で重要な事です。特に給料の支給を時給制で計算している組織では、労働時間を誤って記録してしまうと給料に影響が出てしまいます。従業員の労働時間に対して少ない給料を支給してしまったら、従業員から不満が出てしまいます。従業員の労働時間を正確に記録しておくには、タイムレコーダーとタイムカードを活用するのが良いでしょう。

この2つを組織に導入すれば、労働時間の記録は勿論、出勤日や出勤時刻、休憩時間なども記録しておけます。遅刻の多い従業員には注意喚起して、残業の多い従業員には早く帰宅するように促すといったこともできます。タイムレコーダーは正面に日時が表示されています。レコーダーにカードを挿入すると、表示されている日時をカードに印字することができます。

さらに、出勤時や退勤時、休憩時などを区別して印字することができます。従業員は最低でも1日2回、出勤時刻と退勤時刻を記録することになります。これによって従業員の労働時間を把握できる仕組みになっています。タイムレコーダーには性能の差があります。

最低限の印字機能を持った商品は導入コストが安いです。労働時間を自動で計算して印字してくれる機能を持ったレコーダーがあります。このレコーダーは高いですが、給料計算の手間を省けるのでおすすめです。組織の規模や作業量に合わせて最適なタイムレコーダーを利用すると良いです。