デジタコはデジタルタコグラフを略したもので法定3要素である速度と距離、時間を記録するのが基本的な機能です。この装置が登場した当初は、速度やエンジンの回転数を制御して燃費を改善することが主な導入目的でした。しかし事業用トラックの性能が向上し、リミッターやオートクルーズが導入されるようになったため速度や回転数を制御する必要性が低下しています。近年ではインターネットが普及して日夜多くの取引が行われるようになりました。

商品を運搬する運送業への需要も高まっており、現場は慢性的な人手不足の状態が続いています。運送業界では限られた人員と車両を有効に活用し、効率的に業務を遂行することを目的にデジタコを導入するケースが増えました。日本では7トン以上8トン未満の事業用トラックによる事故が横ばいの状態であり、国は安全対策としてデジタコ装着の義務化を推進しています。平成26年12月1日からは総重量が7トン以上、または最大積載量が4トン以上の事業用トラックに装着が義務化されました。

デジタコにはSDカードなどにデータを記録するカード型の他に、オンライン上に保存するクラウド型があります。クラウド型はSIMカードを内蔵していて常に通信を行っているため、運行管理の担当者は車両の現在位置をリアルタイムに確認できます。空車の状況を確認して効率的な配車が可能になるだけでなく、状況に応じてドライバーに必要な指示を出せます。限られた人員と車両の有効活用が可能になるため、義務化の対象となっていない車両にも導入が進んでいます。

デジタコのことならこちら