事業用のトラックが走行中に法定3要素である速度と距離、時間を記録する装置は運行記録計やタコグラフと呼ばれています。デジタコとはデジタルタコグラフを略したもので、紙のチャートに記録するアナログタコグラフに比べてデータ管理を効率的に行うことができます。日本では7トン以上8トン未満の事業用トラックによる事故の発生率が横ばいの状態です。政府は道路と物流の安全を守るため平成26年12月1日から、総重量が7トン以上または最大積載量が4トン以上にデジタコの搭載を義務付けました。

デジタコは運行管理やドライバーの労務管理を効率的に行うことができる装置です。搭載が義務化された車両以外の事業用トラックにも、デジタコを搭載するケースが増えています。この装置にはデータの保存方法によってクラウド型とカード型の2種類が存在します。クラウド型は通信型とも呼ばれており、データをオンライン上に記録するため全ての車両と事業所で即時に共有できます。

カード型はローカル型とも呼ばれていて、SDカードなどにデータを記録し後から事業所のパソコンで処理します。クラウド型はSIMカードが内蔵され常に通信を行っているので、運行管理を担当するスタッフは車両の現在位置を把握できます。必要に応じてドライバーに対し適切な指示を行えば、運行管理や労務管理を効率的に行なえます。運送業界は慢性的な人手不足の状態にあるため、事故を防ぐには現場スタッフの負担軽減が不可欠です。

効率的な運行管理や労務管理によって事故のリスクを減らしたい多くの運送会社が、クラウド型のデジタコを導入しています。