デジタコは事業所による違いはありますが、運送業を営む会社では義務化されているので、助成金などを使って導入を済ませておくことは必要です。運行記録を記録させるという意味合いでは、古い時代からアナログ式で採用されてきましたが、最新のデジタコは多機能なことが特徴となり、導入することで得られるメリットは豊富にあります。最新のデジタコの中には、クラウド型でパソコンで使えるシステムと連動させているタイプが一般的になり、どの社員がどの場所を時速何キロで走行しているのかなども細かく確認できる機能があります。この機能によってドライバーは安全運転を徹底することができ、何らかの原因で体調が悪化してしまい、不自然な運転をしているドライバーを本部から見つけ出すことも十分に可能です。

具体的にはストップしている時間が長い場合や、時速が遅すぎる場合、本来通過するべき道路を避けて運転を続けているドライバーなど、不自然さを感じた際には、直ぐに本部からドライバーへと通知を送る方法があります。事故を未然に防ぐと共に、この機能によってドライバーの命を守ることにも貢献できます。逆にスピード超過で走行をしているドライバーがいる場合でも、全てをクラウド型のシステムで判断することができ、本部側の対応では、直ぐに減速することを指示したり、急いでいる理由を聞き出すことも可能です。他にも運行状況を常に明らかにできることから、休憩を取っていないドライバーがいれば、休憩を促すことにも使えます。