タコグラフの設置はトラックやタコグラフの設置が義務化されており、現在デジタコの人気が高くなっています。タコグラフは運行時間や速度などをグラフ化し、稼働状況を把握するための装置です。アナタコは紙に記録していたので使い勝手が良くなかったことに加えて、解析するのに専門的な知識が必要であることが問題でした。デジタコはメモリーカードに記録し、簡単に解析することができるのが大きな特徴です。

ドライバーが法定速度を守っているか、休憩時間を守っているかなどを把握することができますし、労務管理に活用できるなど多くのメリットがあります。使いこなすことができなければ記録しても意味がないため、アナログから切り替えることは賢明な選択です。デジタコ導入のメリットは、GPSによる位置情報、急発進や急減速、ドアの開閉など従来の方法では集めることができなかったデータを記録することができることです。細かいデータを活用することで、ドライバーへ適切な指導ができるようになりました。

個々のドライバーの特徴や問題点を把握できることは、トラブルを防止するために必要です。また、正確な情報が集められるので、ドライバーは安全運転をしようと心掛けるようになりますし、休憩時間などのルールも守るように改善されます。デジタコの導入には20万円ほどかかってしまいますが、それだけの価値があるので、多くの企業で導入を検討するべきです。国土交通省からの補助金を活用すれば、安く抑えることができます。