運送業界では慢性的な人手不足の状態にあるため、限られたスタッフを有効に活用しなければなりません。スタッフだけでなく各運送会社が運用できる車両の数にも限りがあり、効率的な運行管理や労務管理が求められています。デジタコとはデジタルタコグラフを省略したもので法定3要素である速度や距離、時間を記録するなど様々な機能があります。クラウド型と呼ばれるデジタコには携帯電話と同じSIMカードが内蔵されており、常に通信を行ってオンライン上にデータを保存します。

このタイプは運行管理や労務管理に役立つため、業務を効率化してスタッフの負担を軽減したい運送会社に人気です。デジタコにはSDカードなどを使ってデータを保存し、後から事業所で処理するカード型と呼ばれるタイプも存在します。カード型のデジタコは、事業所にデータを持ち帰ってから処理しなければならないため手間がかかります。またクラウド型のようにオンライン上に保存されるわけではないので、スタッフ間で瞬時にデータを共有できません。

クラウド型はオンライン上にデータを保存して全ての車両と事業者が共有できるだけでなく、運行管理を行うスタッフが車両の現在位置やドライバーの状況を常に把握できます。空車の状況を確認し、状況に応じて的確な指示が出せるため業務を効率化できるというメリットがあります。人手不足により現場スタッフの負担が重くなると、事故が発生する可能性も高くなってしまいます。スタッフの負担を減らし、安全かつ効率的に業務を進めたいのであればクラウド型のデジタコを導入するとよいでしょう。