デジタコには様々な種類があるので、状況に合ったものを選ぶとよいでしょう。例えばクラウド型のデジタコは車両の現在位置を把握できるので、必要に応じてドライバーに指示が出せます。車両の運行管理やドライバーの労務管理を効率的に行いたい場合には、クラウド型を選ぶのがおすすめです。データの保存方法に着目すると、デジタコはクラウド型とカード型の2種類に分類できます。

前者は通信型とも呼ばれており、常に通信を行ってオンライン上にデータを保存します。インターネットに接続する環境があれば、全てのスタッフがデータを即座に共有できるというメリットがあります。カード型はSDカードなどの記録媒体にデータを保存するので、後から事業所に持ち帰ってパソコンで処理しなければなりません。クラウド型ならばドライバーが業務後にデータ処理をする必要がなく、負担を減らすことができます。

デジタコは法定3要素である速度と距離、時間を記録するのが基本的な機能です。最近ではたんに法定3要素を記録するだけでなく、様々な機能を備えたものが存在します。例えばドライブレコーダーと連携したり、運転日報などの帳票を作成したりする機能を備えたものがあります。多機能型に分類される製品には様々な機能がオプションとして用意されており、必要に応じて任意に選んで追加できます。

ドライバーのアルコール確認の他に速度や燃費の管理など、様々な機能が存在します。業務を効率化したいのであれば、状況に応じて必要な機能を備えたデジタコを選ぶことが大切です。