ドライブをしているときに、自動で映像を撮影してくれるのがドライブレコーダーの魅力です。一般的に、運転をしているときにはハンドルから手を放すことができない状況です。運転状況を撮影したいと考えていても、ハンドルから手を放すわけにはいきませんので、自動で状況を撮影してくれる機器が重要になります。そこで登場したのが、ドライブレコーダーです。

この製品は、個人でも簡単に購入できるものであり、1万円台であっても手に入れることができるので多くの自動車に導入が進められているものです。コストパフォーマンスが高くて使いやすいので、人気を集めています。元々、ドライブレコーダーは旅の思い出のためや自分の運転状況を後から見直すために提供されている製品でした。しかし、近年ではそれ以外の目的でも購入する人が増えている現状です。

代表的なものでは、交通事故などの不測のトラブルへの対策として導入する人です。基本的に、交通事故ではお互いの過失を証明しなくてはいけないので、自分にトラブルの非が存在しないことを証明しなくてはいけません。しかし、運転状況を客観的に証明することは非常に難しく、自分に過失が存在しないということを証明することができない状況が続きました。その結果、本人は悪くないのに過失を認められてしまうこともあり、被害者であるにもかかわらず不利な立場になってしまうことも多い現状でした。

このような状況を改善できたのが、ドライブレコーダーであり、安全を守るために現代では多くの自動車に導入されています。